巴世里村


人形の想い(1)



開けっ放しの窓


開けっ放しの窓から
お日様の光が斜めに降りてきて
床に四角い影を作る
あの丸い形のは私の頭

やさしい風がふわっとやって来て
床のほこりを舞い上げる
たくさんの小さな粒たちが
光の中できらきら踊る

姿の見えない小鳥たちのさえずりは
誰にも作れない無邪気なオルゴールみたい

名前も知らない蝶々がひらひらやって来て
私の頭で一休み
動くリボンを頭に飾った人形は
きっと世界で私だけ

私の影が床から消える頃
あなたは帰って来てきっとこう言うわ
窓を開けっぱなしにしてごめん

でも私は笑って許してあげる
開けっぱなしの窓は
素敵な一日をくれたから



人形のイラスト
                          詩とイラスト 巴世里



人形の想い(2)へ

みわくの森TOPへ